リハビリセンター紹介

リハビリテーション室1

広々とした空間の中に訓練用ベッドが並んでいます。ここでは主に歩行や関節可動域訓練などの身体機能のリハビリを実施します。

リハビリテーション室2(トレーニングルーム)

プロのスポーツ選手も活用している運動療法機器が揃っています。吹き抜け窓側に設置した運動療法機器を1階ロビーから見上げるとフィットネスクラブの様にも見えます。和室では、退院後の和式生活のシュミレーションができます。

生活機能訓練室(ADL室)

ADL室には、洗面台、浴槽、トイレ、台所、和室、掃除機、冷蔵庫、洗濯など日常生活を想定したさまざまな設備や道具があり、退院後の生活を想定した訓練を行っています。

言語療法室

口唇・舌などの訓練、文字を書く練習、絵カードを用いた話す練習、記憶力の訓練などを行います。

心臓リハビリテーション室

循環器疾患の患者さんに対して筋力トレーニングやエルゴ—メータ、トレッドミルを用いた心臓リハビリテーションを行っています。運動中は心電図モニタリングを行い、安全に配慮しています。