膝人工関節置換術

「田植えに間に合うように」

50代・女性

入院までの経緯・患者さんの背景

  • 数カ月前から両膝に痛みがあり、当院へ手術目的で入院。今回は左膝の人工膝関節置換術を行った。

  • 農家の方で復職を希望

リハビリ前(入院時)の患者さんの状況

  • 手術前も膝関節可動域に制限がある状態だった。

  • 術後は、筋力の低下・膝関節可動域制限が残存しており、階段昇降が不安定

  • 膝を曲げると痛みを感じる

リハビリテーション記録

リハビリ期間:約6週間

開始~約2週間

【リハビリの内容・目的】

  • 筋力低下した状態でも痛みが少なく関節運動を促すため、 HAL®単関節用を使用したトレーニングを行う。

  • 歩行練習

患者さんの変化・回復

  • 筋出力が向上し、歩行が可能となった。

  • 膝関節可動域制限は残存しており、まだ階段昇降は不安定

約3週間目~現在

【リハビリの内容・目的】

  • さらなる筋力向上のため、マシーントレーニングを行う(リカンベントバイク、ニューステップ、レッグエクステンションなど)

  • 自主トレーニングを開始。農家の仕事は20~30㎏の物を持つため、マシーンの負荷量を上げてトレーニングを続けている。

患者さんの変化・回復

  • 筋力向上が確認でき、独歩で歩けるようになった。

  • 復職という目標に向けて、自主訓練も積極的に行っている。

  • 膝の痛みはほぼなくなった。膝の曲がりはまだ少し悪い。

リハビリ後、患者さん・ご家族が喜んでいたこと

  • HAL®の使用により、術後早期から膝を動かし始めることができ、自分の足が治ることに期待をもてた。

  • マシーントレーニングは達成感があり、自分から積極的に取り組めた。

スタッフコメント

整形外科チームは、人工関節置換術を行った患者さんが多いため、標準的なリハビリの流れが確立されています。HAL®やマシーントレーニングの使用は、患者さんのモチベーションアップにもつながっています。

ご紹介した患者さんはまもなく退院されます。ちょうど退院した頃に「田植え」ができるように、目標やリハビリの理由を共有しながら支援してきました。退院後の自主訓練も回復する上で大切になりますので、今から意識付けを促しています。
 

理学療法士 Uさん

※症例は2019年3月時点のものです。

※掲載している写真はイメージです。

〒020-0834 岩手県盛岡市永井12-10 

TEL:019-638-2222 FAX:019-637-3790

Copyright (C) 盛岡友愛病院 リハビリテーションセンター. All Rights Reserved.