ウォークエイド®紹介

歩行神経筋電気刺激装置「ウォークエイド®」を導入しています

ウォークエイド®は、すねに装着し、すねを通る神経(脛骨神経)に電気信号を与えることで、つま先を立ち上げる動作を補助する装置です。主に病気の後遺症で麻痺があり、足首をうまく動かすことができない方に使用しています。

 

脛骨神経を電気で刺激してすねの筋肉を動かすことで、筋力の維持・向上やふくらはぎのこわばりを軽くする効果があると言われています。

歩く動作に合わせて電気刺激を行うことで、麻痺が改善したり、速く歩けるようになったという報告もあります。

脳卒中治療ガイドライン2015も推奨

「脳卒中治療ガイドライン2015」(編集:日本脳卒中学会 脳卒中ガイドライン委員会)には、脳卒中を発症後に下垂足(足が垂れ下がって歩きづらい状態)を有している患者さんに対して、機能的電気刺激装置が有効であると記載されています。

〒020-0834 岩手県盛岡市永井12-10 

TEL:019-638-2222 FAX:019-637-3790

Copyright (C) 盛岡友愛病院 リハビリテーションセンター. All Rights Reserved.