胸髄症

「トイレに一人で行けるようになりたい」

80代・女性

入院までの経緯・患者さんの背景

  • 昨年の夏より腰痛・両下肢のしびれがあり、秋頃に症状が増悪する。
    歩行困難となり急性期病院へ入院・手術。

  • 術後、神経症状(麻痺)が残り、1カ月ほどの入院を経て当院へ転院。

リハビリ前(入院時)の患者さんの状況

  • おへそから下の感覚がない状態。

  • 立ち上がることができず、車いすへの移動も介助が必要。

  • 食事は自立していたが、移動・更衣・整容など全て介助が必要。

リハビリテーション記録

リハビリ期間:約1.5ヵ月

開始~約1ヵ月

【リハビリの内容・目的】

  • 装具を付け、歩行訓練を行う。(介助2人)

  • 大腿四頭筋・殿筋を使った筋力トレーニング

  • 腕の筋力トレーニング(上腕三頭筋、三角筋、大胸筋、広背筋など)も並行して実施

患者さんの変化・回復

  • 立ち上がり、移乗動作が一人でできるようになった。立位保持はまだ難しい。

  • 上肢を使用して立位保持可能。立ち上がる際に下肢のみでなく、上肢を支えに使えるようになった。

約1ヵ月~1.5ヵ月

【リハビリの内容・目的】

  • 歩行訓練、腕の筋力トレーニングを継続。

  • 服を着替える訓練。トイレでのズボンの上げ下ろしの練習など

患者さんの変化・回復

  • 一人でトイレに行けるようになった。
    服を脱ぐ、着るが自立できた。

  • 自分で車いすへ乗り移りして病棟内を移動できるようになった。
     

リハビリ後、患者さん・ご家族が喜んでいたこと

  • 立つことやトイレが自分で出来るようになるとは思わなかった。

  • 歩く練習までやっていただけるとは思わなかった。

スタッフコメント

「トイレに一人で行く」ためには、車いすへ移動する、立ち上がる、ズボンや下着を下げる・上げるといった全身の動作が必要です。麻痺のある下半身だけでなく腕の筋力トレーニングも重視したリハビリを行っています。障害を受容することは簡単にはできないものだと思いますので、メンタル面のサポートも大切にしています。

入院期間中にどれくらい回復するのかによって、退院後の生活が変わってきますので、患者さん・ご家族のお考えを常に共有しながら、一つでも「良くなった」と実感することを一緒に増やしていければと思っています。

理学療法士 Yさん

※症例は2019年3月時点のものです。

※掲載している写真はイメージです。

pet29q.png

〒020-0834 岩手県盛岡市永井12-10 

TEL:019-638-2222 FAX:019-637-3790

Copyright (C) 盛岡友愛病院 リハビリテーションセンター. All Rights Reserved.